試験

受験申込に必要な書類

試験を受けようとする人は、次に掲げる書類の提出が必要です。

すべての受験者が提出する書類
・受験願書
・振替払込請求書兼受領証
・写真
提出書類に不備がある場合は受理できませんので提出前に内容を必ず確認してください。

また、上記のほかに1〜8に分類した受験資格のうち、区分ごとに定められた書類を提出してください。

【実技試験及び筆記試験の両方を受験する人】

区   分
提出する書類
1 平成30年3月に卒業予定の人 卒業見込証明書

 ※卒業後、卒業証明書を平成30年3月16日(金)午後4時(必着)までに必ず到着するよう、センターあて簡易書留により郵送してください。
 なお、卒業証明書が期日までに到着しなかった場合は、理由の如何にかかわらず当該試験の受験は無効となります。


36








2 卒業証明書を提出しなかったため、受験が無効となった人 卒業証明書

※ 卒業証明書は、養成施設が発行した原本を貼付してください。
原本であっても、「卒業証書」は使用できません。
3 不合格だった人又は欠席した人 第36回理容師国家試験又は第36回美容師国家試験の試験結果通知書




4 第1回〜第35回試験の合格証明書又は試験結果通知書を持っている人
(受験資格がないと通知された人は対象外です。)
第1回〜第35回理容師国家試験又は第1回〜第35回美容師国家試験の合格証明書又は試験結果通知書
5 平成10年4月1日以降に養成施設に入所し、第1回以降の試験の試験結果通知書を持っていない人 卒業証明書

※ 卒業証明書は、養成施設が発行した原本を貼付してください。
原本であっても、「卒業証書」は使用できません。
6 平成10年3月31日以前に養成施設に入所し、平成14年3月31日までに1年以上実地習練を行なっている人で、第1回以降の試験の試験結果通知書を持っていない人 卒業証明書及び実地習練証明書

※ 卒業証明書は、養成施設が発行した原本を貼付してください。
原本であっても、「卒業証書」は使用できません。


【実技試験又は筆記試験のみを受験する人】
区   分
提出する書類
7 第36回理容師国家試験又は第36回美容師国家試験で筆記試験のみに合格した人 第36回理容師国家試験の筆記試験合格証明書又は
第36回美容師国家試験の筆記試験合格証明書
8 第36回理容師国家試験又は第36回美容師国家試験で実技試験のみに合格した人 第36回理容師国家試験の実技試験合格証明書又は
第36回美容師国家試験の実技試験合格証明書
このページの上へ