試験

第36回 理容師国家試験及び美容師国家試験の合格基準

【理容師試験】

筆記試験の合格基準
次の両方の条件を満たしている場合を合格とする。
(1)50問中60%以上の正答率であること
(2)関係法規・制度、公衆衛生・環境衛生、感染症、衛生管理技術、人体の構造及び機能、皮膚科学、理容の物理・化学、理容理論のいずれの課目においても無得点がないこと
2実技試験の合格基準
次の両方の条件を満たしている場合を合格とする。
(1)衛生上の取扱試験
  減点が20点以下であること
(2)基礎的技術試験
  減点が40点以下であること

【美容師試験】

筆記試験の合格基準
次の両方の条件を満たしている場合を合格とする。
(1)50問中60%以上の正答率であること
(2)関係法規・制度、公衆衛生・環境衛生、感染症、衛生管理技術、人体の構造及び機能、皮膚科学、美容の物理・化学、美容理論のいずれの課目においても無得点がないこと
実技試験の合格基準
次の両方の条件を満たしている場合を合格とする。
(1)衛生上の取扱試験
 減点が20点以下であること
(2)基礎的技術試験
① 第1課題 カッティングの減点が30点以下であること
② 第2課題 第2課題 ワインディングの審査項目の重要度に応じ、減点を10~40点の範囲内で4段階とし、減点が30点以下であること
  なお、審査項目ごとの減点数については次のとおりとする
    a モデルウイッグに対する禁止事項の有無 40点
    b ワインディング技術用用具類の有無及び規格 40点
    c 作業終了後の処置状況 10点
    d  技術の条件の適合状況 40点
    e ロッドの種類と配列
     ・ フロントの巻き始め、サイド及びネープのいずれかにショートロッドが使用されていない
     30点
     ・ ロッドの種類と配列 30点
    f ロッドの方向性とステムの角度
     ・ フロント右側5本又は左側2本のロッドが斜め後方に巻き収められていない
     30点
     ・ サイド又はバックサイドからネープにかけてシンメトリーでない 30点
     ・ ネープが生え際に沿ってラウンドするように巻き収められていない 20点
     ・ ステムの角度が技術の条件どおりでない 30点
    g 輪ゴムの掛け方とロッドの巻き収め状態
     ・ 輪ゴムの掛け方 10点
     ・ ロッドの巻き収め状態 30点
     ・ ベースからぶら下がっているロッドがある 40点
     ・ 巻かれていない毛髪が複数箇所にある 20点

このページの上へ